私の失敗談より

 

30代での転職について書いてみます。私の場合は、ハッキリ言って思うように行きませんでした。生きていく事に対して、「甘さ」を持っていたからです。けっこう、どうにかならないものです。人生設計にも失敗しました。歳を取るにつれ、状況は不利に変わっていきます。若いうちがチャンスタイムです。

 

私の言葉で書けば、生きるとは食べ続ける為に収入を得ることです。これを自分が元気なうちにやっておかないと、健康を失った時に困るのは、自分自身です。貯金が無ければ、誰も助けてくれないのが日本です。

 

気が利く友人が多ければ良いのですが、なかなか、そうもいきません。どの友人も、いずれ結婚し、育児するようになります。自分の事は自分でどうにかしなければならないのが社会人の義務となっています。お金を貸してくれる友人なんて、滅多にいないという事です。

 

本来は、20代のうちに方向性が定まってなければ不味いです。アドバイスとしては、30歳を過ぎたならば、やたらに業界を変えない事です。20代の転職とは、大きな違いが有ります。20代ならば、失敗も出来ます。何度失敗しても、やり直しが可能な期間です。30歳を過ぎたら、ブランクを作れません。

 

30代での転職動機は重要

 

無所属や無収入状態になりかければ、借金生活は目前です。借金は、まずクセになります。頼れそうな親が元気なうちは、どうにかなるかもしれませんが、40歳を目前にした人間であれば、そろそろ親も手を貸してくれなくなります。

 

30代での転職動機は重要です。よほど説得力が無い動機でなければ、周囲の共感は得られません。過去を責められてしまいます。履歴書を見る面接官が発する言葉は、いいね!というか、これはどうして?というかどちらかです。どうして?と言われるうちは、まだ良いのです。

 

ふ〜ん、ウチでは要らないから他に行ってね!と思われるのがオチです。面接官は、言葉にしないけれど、結局そういう事です。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る