基盤づくりの30代

 

四半世紀前、転職は30歳までといわれていました。企業社会においても、わずか数年で会社を辞める奴は根性がない、よほど、合わない奴、こらえ性の無い奴と思われていました。

 

しかし、その典型的雇用体系が崩壊した日本において、そんなことは通用しません。むしろ、古典的な日本の雇用環境が社会に通用しなくなっています。そんななか、第二新卒として就職2年未満の社員が優遇されるのは、新人教育の必要がないからです。社会経験の無い社員を採用するのは、とても資本を消費することにつながります。

 

さらには、その新人の鑑となるべく中堅社員の先輩となれば、なおさらです。しかし、ここが各企業にとってはねらい目です。フットワークが軽く、それでいて、おおよその社会の仕組みは理解できている。これぞ、まさしく、即戦力なのです。

 

つい最近の日本社会においては、欧米型の成果主義の社員を重用していました。しかし、この社員も長年の蓄積があっての成果主義でした。わずか、1年、2年の成果をあげてしぼんでしまっては、何もなりません。継続こそ、企業の存続の底力です。

 

失われた10年、20年の補填のために、30代の経験ある人材が有用なときになりました。これが、現代における30代社員が求められる要因です。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る