30代の転職経験談

 

私は最近、20代後半の頃から勤めている、駅前子ども託児所から、ずっと気になっていた近所にあるパン屋さんへ転職したいと店頭に貼り出してあった求人募集の電話番号と勤務時間をメモってきました。

 

パン屋にしたかった理由は、本格的なパン造りが好きで勉強して、いつかはパン屋さんに就職したいと考えていたからです。一度は中退したものの、『調理師免許』取得の為に、専門学校へ行っていたこともあります。

 

そして、早速そのパン屋さんに電話をかけてみました。どうやら店長は年配の女性の方のようでした。電話では一つ前の職業や、住所などを軽く質問されました。すると、「後日面接に来て欲しい。」と、まずは面接が決定しました。

 

当日、私はスーツ着て、前日に書いた履歴書を持ち面接約束時間の15分前にお店へ行きました。レジの方に「○時から面接を予約させて頂いた○○ですが」と伝え、面接して頂く方を呼んで頂きました。

 

いろいろと勉強になった面接

 

すると、面接をしてくださる店長さんが店内の奥へ案内して下さり、対面して面接が始まりました。まずは私の履歴書を「どうぞ宜しくお願いします。」と渡し、店長さんはジックリと各項目を見ていました。

 

そして、資格の項目欄を見たときに質問をされました。「あなた、保育士なの?」と聞かれたのです。私は先程も書いた通り以前まで駅前の子ども託児所で働く社員の保育士でしたので、当然保育士資格を所有しています。

 

店長さん的には、凄くそこが引っかかったようで、何か考えている様子でした。すると店長さんは私に「私もね、あなた位の子どもがいるのよ。まだ30代前半だし、あなた礼儀もしっかりしているし、あまり人事に思えないからはっきり言うんだけどね、せっかくこんなに立派な保育の資格を持っているんだからこんな小さなパン屋じゃなくてもう一度保育園で働いたら私は良いと思うのよ。

 

それに、あなたのお母さんもそう思うんじゃないかな?」といった感じで、親身なお話をしてくださりました。結果的に最後に言われたのは、「申し訳ないけど、とても採用したいんだけど、今回は縁が無かったことにするわ。」と履歴書を返却されてしまいました。

 

ここで「別の資格を持っていると逆にこういうこともあるんだな…。」と勉強になった面接にもなりましたね。そんな私の30代初めての転職へのチャレンジ体験談でした。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る