30代の転職体験&アドバイス/30代の転職サイト比較記事一覧

私は最近、20代後半の頃から勤めている、駅前子ども託児所から、ずっと気になっていた近所にあるパン屋さんへ転職したいと店頭に貼り出してあった求人募集の電話番号と勤務時間をメモってきました。パン屋にしたかった理由は、本格的なパン造りが好きで勉強して、いつかはパン屋さんに就職したいと考えていたからです。一度は中退したものの、『調理師免許』取得の為に、専門学校へ行っていたこともあります。そして、早速そのパ...
転職の際に志望する企業から厳しく見られるのが転職理由だと思います。今の時代は、転職することそのものに抵抗感はなくなってきています。キャリアアップや給料などの待遇面でより良い企業を探して転職することは決して悪いことではありませんし、企業もそういった理由で差別することはありません。しかし、三十代は一昔前ならば会社で一人前の実力を持ったものと認識されていましたし、社会人としてはそろそろ家庭を持つ頃ですの...
20代の頃から10年近くずっと派遣社員として同じ企業で仕事を続けさせて頂きました。そんな私が転職を考え出したのは32歳の時です。派遣社員というのは派遣会社によって期間は様々ですが、定められた契約期間があって企業サイドから契約更新をされなければ契約が終了となってしまいます。私の場合は3ヶ月ごとに更新でした。毎回更新されるかどうかでヒヤヒヤしたものです。30歳を超えた辺りから、もし今よりも年齢を重ねて...
終身雇用が当たり前だった時代には転職活動をするのは実家に帰らなければならない事情があったなど、特殊な場合を除いてほとんどありませんでした。特に三十代は会社でも家庭でも中心となって支えていくべき年代ですので余計に転職活動には手を出しにくかったのが実情でした。実際、三十代の転職が盛んになってきたのはここ最近のことで終身雇用が当たり前でなくなって来た時期とほぼ一致します。つまり終身雇用の崩壊が三十代の転...
30代での転職について書いてみます。私の場合は、ハッキリ言って思うように行きませんでした。生きていく事に対して、「甘さ」を持っていたからです。けっこう、どうにかならないものです。人生設計にも失敗しました。歳を取るにつれ、状況は不利に変わっていきます。若いうちがチャンスタイムです。私の言葉で書けば、生きるとは食べ続ける為に収入を得ることです。これを自分が元気なうちにやっておかないと、健康を失った時に...
四半世紀前、転職は30歳までといわれていました。企業社会においても、わずか数年で会社を辞める奴は根性がない、よほど、合わない奴、こらえ性の無い奴と思われていました。しかし、その典型的雇用体系が崩壊した日本において、そんなことは通用しません。むしろ、古典的な日本の雇用環境が社会に通用しなくなっています。そんななか、第二新卒として就職2年未満の社員が優遇されるのは、新人教育の必要がないからです。社会経...
私は新卒で銀行に就職しました。職種は窓口営業で、新規の口座開設から投資信託の相談まで請け負っていました。という仕事はお金を扱うことと、接客業とが兼ね合わさった職業で、どんな仕事でもそうだとは思いますが、毎日お客様を相手にしているとなかなか辛いこともあります。時には厳しい言葉を投げつけられることも多く、私はこの仕事は向いていないのでは・・と思いながらも、いつの間にか9年の月日が経っていました。9年間...
30代での転職は、メリットとともにデメリットも多くあります。30代で転職を考える多くの人は、社会人としての経験を積み今の会社ではこれ以上成長できないと考えていたり、自分の能力を活かせる会社で働きたいと考えている人が多いと思います。30代での転職の一番難しいところは、今まで身につけたスキルや経験を評価して雇ってくれる会社も多くありますが、その一方でキャリア形成のために20代までしか採用をしていない会...
30歳代の転職の場合、それは20歳代の転職とは大きく異なります。20歳代ですと新しい事へのチャレンジが可能です。採用する側からすれば、20歳代だと第二新卒としての扱いが出来ます。また社風への順応も可能だと考えます。そういった人材は社風への順応も含めて社員教育に資金を投入する事を惜しみません。ところが30歳代だと、いままでの社会人としての経験値が新しい社風への順応を妨げてしまいます。そのためだけでは...
30代で転職をされる方に対して最初に申しあげたいことは「もし精神的にキツイという方は転職を!それ以外の方は残ったほうがいい」ということです。というのは30体での転職はコネやスキルがないと結構しんどいものなのです。その覚悟がある方や、今の職場では精神がやられてしまうという方は転職をしてください。転職を行う際は、すぐに就業できる状況にしておくことが大切です。仕事をしながら新しい就業先を見つけておくとい...
ネット環境が一般的になっている私たちが生活する現代は、いわゆる情報化社会とも称されることがあり、ネットサービスの市場拡大により、情報処理関連のビジネススタイルも加速度的に増える傾向を示してきております。こういった時代の流れの影響をみて、昨今では、30代前後の転職希望者がシステム開発のジャンルで魅力を受けるようになっています。そうしたIT化の要因に加えて、ネット環境が拡大してハードルが高まっているア...

このページの先頭へ戻る