リクルートエージェント

就職・転職支援から飲食店のグルメ情報まで様々な切り口で常に時代に合わせた事業を展開しているリクルート。CMやフリーマガジンなどが多数あり、誰に対しても身近で、一度は見聞きしたことがあるはずの大企業です。

 

 

 

大手ならではの情報力とサポート力が魅力

例えば就職・転職サービスでは、実際の利用者も多く、他社の同業種と比較しても、非常に多くの企業の求人情報があります。今やリクルートは就職・転職サービスでは最大手の企業に成長しつつあります。

 

従って利用者や企業が多いため、他社と比べて転職人数も多く次々と就職が決まっていきます。全体の転職者の25%が営業職で、リクルートの中では人気の職種になっています。

 

キャリアアドバイザーが合わないなら変更も可能

リクルートの転職の鍵を握るのはキャリアアドバイザーだと言われています。登録からカウンセリング、企業へ応募するまで担当キャリアアドバイザーが付きます。半年経過しても内定者が出ない求人案件については、即座にキャリアアドバイザーが変更になるという点もリクルートの特徴です。

 

履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削や指導に始まり、面接日の調整なども行ってくれるので、利用者にとっては少ない負担で転職活動ができると評判です。利用者にとって、どんなキャリアアドバイザーが担当するのかは運次第ですが、相性や仕事内容が良くないと感じたらすぐにリクルート側に変更するように申し出た方が良いと利用者の多くが口を揃えます。

 

 

譲れない条件がある場合は遠慮無く相談して下さい

また、これだけは必須の条件があるという人にも朗報です。他社では、利用者の指定してくる条件が多い場合には門前払いをする企業が多いですが、リクルートの場合には同じ職種でも10件前後あるので自分で条件を比較したり選んだりできるメリットがあります。

 

利用者にとっても、就職・転職サービスの業界にとってもリクルートの扱っている求人情報は数多く、多方面から信頼されている証でもあります。求人情報では記載されていないことがある場合には、リクルートへ質問を投げかけてみましょう。リクルートは長い期間をかけて集めた細かな情報を提供してくれるでしょう。サービスの登録利用者のみに行っているサービスのひとつに非公開求人情報の公開があります。非公開求人は全体の90%を占め、いかにサービスを賢く利用して有益な情報を得られるかが就職・転職活動の成功を決めます。

 

利用者に嬉しいセミナーなども準備

また不採用になりやすいマッチング例や面接講座など転職者とってはあると大変便利なサービスが豊富なのも、リクルートの利用者が多くなる魅力のひとつです。利用者側が積極的にこうした参加型のセミナーや情報収集に足を運ぶことで、計画性を持って就職・転職活動ができるというメリットがあります。

 

リクナビNEXT等との違いは、キャリアアドバイザーとの面談やこうした広い活動ができることです。一見するとサービスも多く上手く利用できるかわからない人も多いかもしれませんが、リクルートのサービスを使いこなせればあなたに最適の企業が他の人より早く見つかるかもしれません。

 

 

リクルートエージェントの基本情報

おすすめ業種:総合 対応エリア:全国 求人数:76,000件


このページの先頭へ戻る