転職失敗の傾向

 

「求職者側の確認不足が原因」

 

長い転職期間を終えて、やっと新しい転職先での仕事人生が始まる矢先に、望み描いてきた仕事内容と現実の仕事の差が大きくて、すぐに辞めてしまう人が後を絶たない。その原因は転職する前の段階で、求職者が細かな仕事内容を勤務先に確認を取っていないことにある。

 

自分が入社して、実際に行う仕事内容はどういったものか、どういう人たちとチームを組んで動いていくのかを具体的にイメージできるように、人事部や採用担当に詳しく確認する必要がある。

 

求職者に多いのは、自分のキャリアを活かした仕事内容を企業側に求める、またブランドイメージから想像できるものが全てだと勘違いをしていることだ。その会社に実際に働いてもいないのにも関わらず、会社イメージだけで夢を描いてしまうのは転職活動においては危険である。

 

その勘違いや思い違いが後々になってミスマッチになるかもしれないのなら、わからないことは全て企業先の人に聞くという姿勢の方が賢明だ。

 

企業側も求職者が仕事内容について質問をしないのなら、方針や仕事内容とマッチしている、どんな仕事でも引き受けてくれるものだと考えてしまう。昨今の不景気で以前に比べると、企業側は充分な時間を割いて転職活動を受け入れてはいない。

 

それは応募書類を返却しない企業が多かったり、なかなか面接までたどり着けなかったりすることからも推測できるかもしれない。企業側としてはなるべく短時間で効率良く、求めている仕事内容とマッチする人間と面接をしたいのだ。

 

求職者も転職活動において早く結果を出したいということばかりに考えが先行してしまって、本来の転職活動では重要なマッチングの工程自体を行わない人もいる。双方が別の仕事内容や理想論を描いた結果、転職が決定した後になって苦悩を抱えることになる。

 

「仕事内容のマッチングは実際に働きながら決めていきましょう」という流れを受け入れてしまった場合、転職活動は失敗する確率が高くなる。仕事内容に関して曖昧な表現をしている会社は人材のマネジメントや教育体勢が整っていない会社が多い。

 

そのため、面接の段階でそのようなことを言ってきた会社はその時点で断わる方が後々のことを考えれば賢明な選択だ。本当に転職者の仕事内容をしっかり考えている会社ならば大変な面も隠さず、詳細な内容を教えてくれるだろう。会社のブランド価値や給料などの良い面ばかり見ていると本来の求めるべき会社と出会えなくなるので、マッチングに関しては慎重に行うべきだ。

 

「早く良い結果を求めることで起こり得る失敗」

 

ある一定の短い時期で決めた転職活動も失敗に終わる可能性が高い。実際の転職理由に多い理由として、人間関係の不和やもつれなどがあるが、今の状態から抜け出すことだけを考えて転職活動をすると、転職先を「今よりきっと良い人間関係が築けるはず」といったように極端なプラス思考に陥ってしまう人が多い。

 

入社してから「思っていた人間関係が築けない」また「以前の人間関係の方が良かった」などと思っても、時既に遅しなのである。一定期間で転職活動を決めようと思っている人は、今の人間関係が改善しないものなのか、他の部署に異動などはできないものなのか、をよく考える必要がある。

 

転職先によっても同じような人間関係が待っているかもしれないことも受け入れた上で、それでも自分のキャリアアップを図るために必要な転職活動であれば挑戦する価値はある。

 

転職した会社内での自分の仕事内容や立場などを具体的にイメージすること、また自分が求める仕事内容をはっきりさせて企業側とのマッチングを行うことが大切だ。キャリアアップやワークライフバランス、職場環境の充実など、人によって転職で得ようとするものは様々あるが、自分がいちばん望む転職目的を明確にすることが転職活動の近道とも言えよう。

 

「労働条件もよく確認すること」

 

お金のトラブルも転職活動には注意したいことのひとつだ。残業や休日などがどれくらいあるか、実際の数字を明確に出してもらうことをお勧めする。時期や1か月・1週間の中で変動がある仕事量であれば、それも事前の確認で済む話である。

 

金銭や残業についての細かい話は誰しも、できるならあまり人前では話しにくい話だが、仕事するということは生活にも当然関わってくるのでしっかり確認をするべきだ。また同時にしっかりメモを取っておくと、入社後のトラブル改善のときに役立つ。

 

同じ条件・同じ労働環境で働くにしても、その人が入社前から満足しているか不満・不安を持っているかによって、入社後の仕事にも影響が出る。精神的に不安な要素は少なからず会社に対しての不満になる。会社に不満があると仕事にも多少の手抜きやさぼり癖が付いてしまい、会社の利益やサービスの質が下がる可能性が高くなる。

 

転職活動を長く続けている人や採用担当のプロはしっかりその部分のマッチングも慎重に行う。月の給料の他に、ボーナスや昇格の有無、休日規定や有給の消化率、年金・退職金の規定についてしっかり確認できるように努めたい。

 

「人間関係に運が無い」

 

職場の雰囲気や人間関係のもつれなどから転職に失敗するケースもある。入社前は円滑な人間関係を望んでいた人が、どう頑張っても人間関係が合わなくて退職に追い込まれることもある。

 

会社の人間関係と言っても、簡単に面接などで話してくれることは少ない。具体的な雰囲気を知りたいと思った場合は、職場見学をさせてもらったり、面接に行ったときに少し周囲を見渡してみることも大切だ。また面接で職場環境を聞く際には「人間関係」というあからさまな言葉は控えて、「職場の雰囲気」や「仕事はチームで行うのか個人なのか」、「男女の割合」や「年齢層」などの言葉を使って聞いた方が良い。

 

それでも実際の仕事に就いてから、イメージとのギャップを感じるかもしれない。最終的に人間関係はその人の持っているコミュニケーション力と運によるものが強い。言葉で説明してもらったとしても、人によって感じ方は違うのだからそこに相違があってもおかしくない。運があっても無くても、実際に入社していろいろな人との関係を築いていく中で自分が臨機応変に対応していかなければいけない部分が強い。

 

この際に、前述した転職の「親」のような人と巡り会い、共感できる良い人間関係を築くことが出来たのなら、職場の人間関係において耐えることができる。

 

 

「この人と一緒に働きたい」、「この人のために働きたい」と思えるような人に出会うことに重きを置いて転職活動に励み、仕事内容をしっかり確認しておけば、入社後の労働環境は良い可能性が高くなるのである。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る