退職してから転職活動するか、在職中に転職活動するか

 

転職活動のタイミングは、転職初心者の方なら誰でも迷う点なのではないかと思います。

 

実際のところ、退職してからと在職中、どちらがいいかといえば、どちらにもいいといえるポイントと、あまりよくないといえるポイントがあるのです。

 

ここでは、それぞれの良い点と悪い点をまとめてみましたので、参考に、自分にはどちらの方法が向いているのかということを考えてみてください。

 

「退職してから転職活動」の良い点

 

・リサーチや面接に行く時間が十分にとれる
・失業保険給付中なら収入の心配もない
・落ち着いて取り組めるので求人や自分のキャリアを冷静に判断できる
・条件を満たせば転職が決まったときに再就職手当が出る
・日々の仕事がない分気分的に楽

 

悪い点

 

・失業保険が出ない状況だと無収入になってしまう
・早く決めないと、という焦りから転職先を妥協しがち
・周りに心配される
・長引くと決まりづらくなる傾向もある
・生活のためにアルバイト等を開始すると、逆に時間がとりづらくなる

 

「在職中に転職活動」の良い点

 

・収入の心配がない
・焦って転職先を決める必要がないので、条件にあった職場をとことん探せる
・会社提供の住居から即退去しなくてすむ
・税金等の手続きは会社がやってくれる
・採用が決まっていれば退職も聞き届けられやすい

 

悪い点

 

・時間がなく求人情報を集められない
・良い求人がみつかっても先方と会う時間がなかなかとれない
・同じ業界内での転職等、バレないように気を使うことも多い
・即入社には対応できない
・転職へのモチベーションを失ってしまいがち

 

結局は自分の状況次第

 

ここまでみてきてお分かりいただける通り、メリット、デメリット、とはいっても、「このメリットは自分の会社にはない」「このデメリットは自分ならクリアできる」と消去されるものもあるのではないかと思います。

 

例えば、実家から通勤していた方なら、とりあえず会社を先にやめても生活や住む場所の心配はありません。逆に絶対に収入が途絶えては困る状況にある方なら、在職中に転職活動をしたほうがいいでしょう。特別な資格が必要な業種を目指すのであれば、勉強の必要があるわけですが、このケースをとってみても、働きながら勉強したほうがいいのか、退職して勉強したほうがいいのかは個人の状況によって変わってくると言わざるを得ません。

 

傾向でいえば、結果的に無職になるのは避けたいということから、在職中に転職活動をする人が多いです。が、仕事に忙殺されながらでは先に「悪い点」に挙げたようにモチベーションも落ちがち、転職のチャンス自体を逃してしまうこともある、ということも頭にいれておきましょう。大事なことは自分にあった計画を立てることです。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る