転職失敗とその原因

 

「今の職場が嫌だから」では転職はうまくいかない

 

モチベーションが「不満」だけでは転職は失敗します

 

転職のきっかけが、今の職場での待遇や人間関係の不満である、ということはよくあることですから、それはそれでいいでしょう。

 

けれども実際に転職活動をはじめるとして、「今の職場が嫌だから別の職場へうつりたい」というだけでは、転職活動のモチベーションとしては役に立ちません。結果、転職に失敗してしまう可能性が高くなります。

 

不満のみで転職しようとすると、結局次の職場でも何か気に入らないことがでてきたときに、すぐに「また転職すればいいや」という思考パターンに陥りがちです。が、現実はそんなに甘くはありません。1度運良く採用されたとしても、次に転職先がまたみつかるとは限らないのです。

 

結局のところ自分が変わらない限りは、転職しても不満は減りません。

 

転職をポジティブに考えましょう

 

もちろん「ハードな勤務の結果、身体を壊してしまった」というようなやむをえない状況で転職をしなければならなくなる方もいるでしょう。

 

リストラに合う可能性だってあります。そのような状況でポジティブに考えろ、というのも酷かもしれませんが、なかなか自分では変えられない環境を、変えるきっかけができたと考えてみてください。先のことを考え、目標をもって、ポジティブに物事に取り組んでいる人は、良い採用先と必ず巡り会えるはずです。

 

前出のように、職場への不満がきっかけでの転職だったとしても、では、自分は次の職場で何をやりたいのか、今後どのようにキャリアを積んでいきたいのか、ということにも目を向けてみましょう。転職に対する意気込みが違ってくるはずです。

 

客観的に評価した自分と求人をマッチングする

 

転職とは、ありのままの自分をプレゼンテーションする機会です

 

転職ではついつい自分を誇大表現してしまう、というケースも多くみられます。どちらにしても、実際にあなたの持つスキルと採用側の求めている人材が合致しなければ、転職はうまく行きません。逆にあまりにアピールできるポイントがないままいくつもの面接に出向いても、やはり採用はされないでしょう。

 

転職は、客観的に自分をみる、とてもよい機会です。自分で判断することが難しかったら、スキルチェックや資格試験を利用してみるのもいいでしょう。自分を知っていれば、求人とのマッチングに失敗することもなく、面接でもしっかりと自分のスキルを担当者に伝えることができます。

 

もちろん今あるスキルだけでなく、「これからこういった仕事がしたい」といった希望も明確にしておきましょう。

 

あなたに今、転職は本当に必要でしょうか

 

特に、職場への不満をきっかけにして転職活動をしている方、転職が自分にとって最良の手段なのかどうか、ということを、転職活動をはじめたあとでも、1度は立ち戻って考えてみてください。

 

確かに転職で得られることはたくさんあります。けれども、現在の職場で働き続けることで得られることも多いはずです。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る