転職に役立つ資格とは?

 

転職を少しでも有利にするために、資格をとって備えようという人は多いのではないかと思います。

 

けれども、あまりビジネス的に認められておらず、趣味の1つとしてみられてしまうような資格では、転職や就職のときにスキルをアピールすることはできないでしょう。

 

資格を取得する際に重要なことは、自分の目指す職種、業種で評価されているものを知り、取得することです。

 

自分の業種でどんな資格が有利かは、転職事情に詳しいコンサルタントや、業界の先輩にきいてみるのもいいでしょう。会社によっては資格取得をすすめられることもあると思います。

 

評価が得られる資格

 

業種を問わずに評価が得られる資格といえば、最近ではやはり英語力を示す資格が強くなってきています。一見英語と関係なくみえるような職種でも、海外に工場や支社をもったり、インフラを請け負ったりというケースが増えているからです。

 

実用英語検定だと1級以上を持っていないとアピール力は不足しますが、TOFELであれば点数制なので、TOEFL iBTで60点くらいを目指して勉強すると無駄にならないはずです。

 

TOEICも点数制ではありますが、Bランクと呼ばれる730点以上でないと評価の対象にはならないと思っていていいと思います。外資系企業への転職を狙っているのであれば、最低でも800点はないと厳しいです。

 

IT系であれば、国家資格を狙いましょう。国家資格の次にベンダー資格、さらに並行して英語の勉強をする、というのがキャリアアップを狙うIT系エンジニアのスタンダードになってきています。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る