その資格を取得する目的はなに?

その資格を取得する目的は何?/30代の転職サイト比較

 

仕事で有利になるような資格を取得するのはそう簡単ではありません。時間もかかり、お金もかかります。ですから、これから資格を取得しようと考えている方は、その資格が本当に必要なのか、何の目的で資格を取得するのかを考える必要があります。

 

まず重要なことは、資格は実務経験に勝ることはあまりない、ということです。はっきり言ってしまえば、資格は就職・転職後にも取得できますし、資格がなくてもできるという仕事がほとんどです。

 

資格を取得すれば必ず有利になる、というわけではないことを知っておきましょう。面接をする場合も、これまでの実務経験から自分のアピールポイントを考え、それを補う形で資格をアピールするようにしましょう。もし実務経験と資格が内容的にリンクしている場合は非常に有利になります。

 

資格がなければできないという仕事は、実は非常に限られています。人気の資格の中から例をあげれば、司法書士や税理士、宅建などがそれにあたります。

 

自分がこれからしたいと思っている仕事に、その資格が本当に必要なのか、本当にそれがアピールポイントになるのか、必ず確認しておきましょう。よくよく探してみたら、別の資格の方が有利になったということもあります。

 

キャリアチェンジをしている場合、資格がアピールポイントになる

 

大きなキャリアチェンジをしている場合は、専門的な実務経験がないために、資格が大きなアピールポイントになります。その場合も、これまでに身につけてきたマネジメント力やコミュニケーション能力をまずアピール材料として、それに追加する形で資格取得を盛り込みましょう。

 

また、仕事に有利になるような資格は、1年に1回しか開催していないなど、受験の機会が少ないものが多いです。これから就職・転職、そして資格取得を考えている方は、そのタイミングが合うかを確認しましょう。

 

どんな場合も「資格だけ」では大きな武器にはなりません。これからしたい仕事、キャリアプラン、そしてこれまでの実務経験と、その資格の間に整合性があるのかどうかを必ず考えてから資格取得にチャレンジしましょう。

転職サイト基本比較一覧
エージェント名 おすすめ業種 対応エリア 求人数 詳細

type IT・総合 関東 22,000件

ワークポート IT・エンジニア 全国 非公開

アデコ 海外・総合 全国 約5,000件

DODA 総合 全国 40,300件

パソナ 総合 全国 15,000件

リクルートエージェント 総合 全国 76,000件

JAC Recruitment 外資系・海外 全国・海外 25,000件

マイナビエージェント IT・総合 全国 12,000件

@エージェント IT・エンジニア 全国 非公開

レバレジーズテック IT・エンジニア 全国 非公開


このページの先頭へ戻る