☆転職に関する有益情報集

転職予備知識/30代の転職サイト比較記事一覧

■準備にどれくらいの時間をかけるかどうかが鍵転職を成功させた人のほとんどが、3ヶ月以内に転職しています。けれどもこの3ヶ月というのは、転職を思い立ってからの期間ではない、ということに注目してください。求人への応募を開始してから3ヶ月以内で転職を成功させる、というのは非常にスムーズなケースです。このようにスムーズに転職活動を進められたということは、それに至る準備をしっかり行っていた、ということの証明...
マーケットが活発なときが有利とは限らない求人の数だけでいえば、やはり「年度」に従って、春と秋に増加します。特に年度末退社は非常に多いので、それに伴う4月入社、もしくは3月入社で引き継ぎをすませる、といったパターンが想定されます。年度開始からのプロジェクト開始も多いでしょう。そのため、業種に関わらず万遍なく求人が出る、というのがこのシーズンですが、転職を狙って動いている人数も多いので、採用が得られや...
転職活動のタイミングは、転職初心者の方なら誰でも迷う点なのではないかと思います。実際のところ、退職してからと在職中、どちらがいいかといえば、どちらにもいいといえるポイントと、あまりよくないといえるポイントがあるのです。ここでは、それぞれの良い点と悪い点をまとめてみましたので、参考に、自分にはどちらの方法が向いているのかということを考えてみてください。「退職してから転職活動」の良い点・リサーチや面接...
「今の職場が嫌だから」では転職はうまくいかないモチベーションが「不満」だけでは転職は失敗します転職のきっかけが、今の職場での待遇や人間関係の不満である、ということはよくあることですから、それはそれでいいでしょう。けれども実際に転職活動をはじめるとして、「今の職場が嫌だから別の職場へうつりたい」というだけでは、転職活動のモチベーションとしては役に立ちません。結果、転職に失敗してしまう可能性が高くなり...
「求職者側の確認不足が原因」長い転職期間を終えて、やっと新しい転職先での仕事人生が始まる矢先に、望み描いてきた仕事内容と現実の仕事の差が大きくて、すぐに辞めてしまう人が後を絶たない。その原因は転職する前の段階で、求職者が細かな仕事内容を勤務先に確認を取っていないことにある。自分が入社して、実際に行う仕事内容はどういったものか、どういう人たちとチームを組んで動いていくのかを具体的にイメージできるよう...
就職や転職をする際に、大きなアピールポイントの一つになるのが「資格」です。仕事における資格取得のメリットを以下に紹介します。資格は知識を客観的に証明するもの「私は○○について詳しいです。」と言っても、それを裏付ける根拠はありません。しかし、資格を持っていれば、それに関する知識を一定水準持っているということを客観的に証明することができます。ブランクがある女性にもおすすめ結婚・妊娠・出産・育児でしばら...
仕事で有利になるような資格を取得するのはそう簡単ではありません。時間もかかり、お金もかかります。ですから、これから資格を取得しようと考えている方は、その資格が本当に必要なのか、何の目的で資格を取得するのかを考える必要があります。まず重要なことは、資格は実務経験に勝ることはあまりない、ということです。はっきり言ってしまえば、資格は就職・転職後にも取得できますし、資格がなくてもできるという仕事がほとん...
資格をとる目的は、その資格がないと就くことのできない職業を目指しているといった理由から、資格をとるのが趣味だという人まで、さまざまです。趣味だと割り切っているのであれば、どんな資格をとってもかまわないわけですが、実際問題、就職や転職には全く役に立たないような資格もあります。人気の資格はいろいろとありますが、自分に必要な資格を見極めて取得していくと、時間や費用を浪費しないですむのではないかと思います...
転職を少しでも有利にするために、資格をとって備えようという人は多いのではないかと思います。けれども、あまりビジネス的に認められておらず、趣味の1つとしてみられてしまうような資格では、転職や就職のときにスキルをアピールすることはできないでしょう。資格を取得する際に重要なことは、自分の目指す職種、業種で評価されているものを知り、取得することです。自分の業種でどんな資格が有利かは、転職事情に詳しいコンサ...
一昔前までは終身雇用制が当たり前で、同じ会社に一生勤め上げることが普通と言う状態でした。しかし、今の時代は同じ会社にとどまり続けることが必ずしも正しいことではなく、キャリアアップや適性を見た新たな職場を探すなどして転職することが珍しくなくなってきました。同じく最近は女性が男性に比べると転職が難しいと言うこともどんどん少なくなってきています。ただ、全部が全部そうかと言われると若干不利なところもまだ残...
終身雇用の制度が整っていた頃は同じ会社に勤め上げることこそが賞賛されていました。転職なんて聞くとよほど特殊な事情があったのだろうと思われていたくらいです。しかし今の時代は給料や待遇の向上を求めて転職することが自然になってきています。男女間で転職が一方が有利ということも少なくなってきましたが、こればかりはまだ完全に是正されたとは言い切れません。男性より女性のほうが転職時に不利とされる理由としては結婚...
「男は外で働き、女は家を守る」という考え方は、完全にということは出来ないものの、すでにほとんど過去の遺物になったと言っていいでしょう。実際に大変多くの女性が社会に進出し、それに応じて企業も積極的に女性を採用するようになってきています。特に外資系企業でその傾向が顕著ですが、これは企業の本社がある本国で、女性の登用が常識となっているためでしょう。外資系に限らず多くの企業で、営業職の女性求人が増えていま...
採用担当者が面接で重視するポイントはさまざまです。応募者の人間性や性格を重視する面接官もいれば、職務経験に重きを置く人、適応力や協調性、企業に対する忠誠心に注目する人、あるいは女性応募者の場合は「見た目」をあるていど考慮するという担当者も、業種や職種によってはいるでしょう。面接は言うまでもなく限られた時間内で行われますから、その短い時間の中でいかに自分をPRするか、知識や経験、あるいは意欲などを担...

このページの先頭へ戻る